自治医大さいたま医療センターでのC型肝炎治療

自治医大附属さいたま医療センターでも新しい飲み薬による、C型肝炎治療が進んでいます。

1型ウイルスに対する治療は、

アスナプレビル(スンベプラ)とダクルインザ(ダクラタスビル)を24週間内服します。

多くの患者さんが、さほど大きな副作用も無く治療続行中です。

1型に関しては、さらなる新薬が発売予定です。

 

2型ウイルスに対する治療も始まりました。

ソフォスブビル(ソバルディ)とリバビリン(コペガス)を12週間内服します。

こちらは貧血の副作用が出る可能性があります。

自治医大さいたま医療センターでのC型肝炎治療」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: xunjie

コメントは停止中です。