肝硬変」カテゴリーアーカイブ

2022年6月20日 肝臓病教室 紙上開催

肝臓病教室に関心をお持ちいただき誠にありがとうございます。
新型コロナウイルスに関しては、感染者数の大きなピークは越えたものの、変わらずの感染防御対策は重要です。やはりなかなか皆さんで集合しての肝臓病教室は難しい状況と判断し、今回も紙上開催と致しました。
今回は肝硬変の合併症である肝性脳症の注意点や、当院のウイルス肝炎対策を記載しております。
多くの皆様に直接お会いしてお話したり質問を受けたりできない状況は、とても残念ではありますが、紙面で適切な情報を伝えられればと思います。
今後も宜しくお願い致します。

肝臓病教室 紙上開催 (こちらをクリックして下さい)

自治医大さいたま医療センター 消化器内科 浅野 岳晴
肝炎医療コーディネーター  一同

2021年12月1日 肝臓病教室 紙上開催

肝臓病教室に関心をお持ちいただき誠にありがとうございます。
新型コロナウイルスに関しては、変異株もありまだまだ感染防御対策は重要です。現状ではやはり皆さんで集合しての肝臓病教室は難しい状況と判断し、今回も紙上開催と致しました。
多くの皆様に直接お会いしてお話したり質疑を受けたりできない状況はとても残念ではありますが、紙面で適切な情報を伝えられればと思います。
これから乾燥の時期も、今まで通り手洗い、うがいを励行し、密を避けながら乗り越えていきましょう。
今後も宜しくお願い致します。

肝臓病教室 紙上開催 (こちらをクリックして下さい)

自治医大さいたま医療センター 消化器内科 浅野 岳晴
肝炎医療コーディネーター  一同

肝臓病教室のご案内

自治医大附属さいたま医療センターで肝臓病教室を行います。今回の主なテーマは肝炎・脂肪肝・肝硬変です。

日時:2020年 3月1日 13:00〜  (日曜日)

場所:自治医大附属さいたま医療センター南館2階 講堂 (奥の広い部屋になります)

参加料:無料 原則として予約制です。事前にお申し込み下さい。

自治医大さいたまに通院中の患者さん以外でも参加出来ます。ご家族の方もぜひ一緒に参加し病気への理解を深めましょう。

ミニレクチャー1:「慢性肝疾患や脂肪肝と胃腸の調子は関係ありますか?」 (消化器内科 浅野 岳晴)

ミニレクチャー2:「肝臓病と筋肉の良い関係 」(消化器内科 藤原 純一)

ミニレクチャー3:「筋肉を意識した食生活 」(栄養部  猪野瀬 渚)

グループワーク(患者さんどうしでの小ミーティング)(自由参加)

20200301肝臓病教室案内

質問も受け付けます。

申込み、問い合わせは、メールか問い合わせフォームをご利用下さい。

FAXでもお申し込みいただけます。

メールアドレス:jmukanzo@gmail.com

申込みフォーム

肝臓病教室のご案内

肝臓病教室のご案内

自治医大附属さいたま医療センターで肝臓病教室を行います。今回の主なテーマは肝炎・肝硬変です。

日時:2019年 10月12日 13:00〜  (土曜日)

場所:自治医大附属さいたま医療センター南館2階 講堂 (奥の広い部屋になります)

参加料:無料 原則として予約制です。事前にお申し込み下さい。

自治医大さいたまに通院中の患者さん以外でも参加出来ます。ご家族の方もぜひ一緒に参加し病気への理解を深めましょう。

ミニレクチャー1:「肝臓病検査のチェックポイントとは 」(臨床検査部 三ツ橋 美幸)

ミニレクチャー2:「慢性肝疾患や脂肪肝と胃腸の調子は関係ありますか?」 (消化器内科 浅野 岳晴)

ミニレクチャー3:「肝臓病と筋肉の良い関係 」(消化器内科 藤原 純一)

グループワーク(患者さんどうしでの小ミーティング)(自由参加)

20191012肝臓病教室案内

質問も受け付けます。

申込み、問い合わせは、メールか問い合わせフォームをご利用下さい。

FAXでもお申し込みいただけます。

メールアドレス:jmukanzo@gmail.com

申込みフォーム

肝臓病教室のご案内

肝臓病教室のご案内

自治医大附属さいたま医療センターで肝臓病教室を行います。今回の主なテーマは肝炎・肝硬変です。

日時:2019年 6月22日 13:00〜  (土曜日)

場所:自治医大附属さいたま医療センター南館2階 講堂 (奥の広い部屋になります)

参加料:無料 原則として予約制です。事前にお申し込み下さい。

自治医大さいたまに通院中の患者さん以外でも参加出来ます。ご家族の方もぜひ一緒に参加し病気への理解を深めましょう。

ミニレクチャー1:「肝硬変・肝疾患で使われるお薬について」(薬剤部  野上 裕介)

ミニレクチャー2:「肝硬変の食事のヒント」 (管理栄養士  村越 美穂)

ミニレクチャー3:「肝炎・肝硬変と運動  ~座ったまま運動しましょうか」(消化器内科 浅野 岳晴)

グループワーク(患者さんどうしでの小ミーティング)(自由参加)

20190622肝臓病教室案内

質問も受け付けます。

申込み、問い合わせは、メールか問い合わせフォームをご利用下さい。

FAXでもお申し込みいただけます。

メールアドレス:jmukanzo@gmail.com

申込みフォーム

C型肝炎 非代償性肝硬変の新規治療薬

今までのC型肝炎の治療薬は慢性肝炎または代償性肝硬変の方を対象としていましたが、より肝機能の悪い非代償性肝硬変の患者さんに対する国内初の薬が新たに発売されました。

・エプクルーサ錠 (ギリアド社) で、1日1回1錠内服します。 薬効としてはソバルディ(ギリアド社)と新有効成分であるベルパタスビルとの配合剤になります。

・非代償性肝硬変の方では12週間での治療となります。

・前回経口薬による治療不成功の方でも、リバビリンと併用し24週間内服で、高率に治療成功を達成可能です。

・遺伝子型(genotype) 1型でも2型でも効果があります。

・重度の腎障害又は透析を要する方では使用できません。

マヴィレットに加えエプクルーサの登場で治療対象となる患者さんが更に増加し、C型肝炎の撲滅を目指す時期にきているようです。

肝臓病教室のご案内

肝臓病教室のご案内

自治医大附属さいたま医療センターで肝臓病教室を行います。今回の主なテーマは脂肪肝と肝硬変です。

日時:2018年10月6日 13:00〜  (土曜日)

場所:自治医大附属さいたま医療センター南館2階 会議室

参加料:無料 原則として予約制です。事前にお申し込み下さい。

自治医大さいたまに通院中の患者さん以外でも参加出来ます。ご家族の方もぜひ一緒に参加し病気への理解を深めましょう。

ミニレクチャー1:「肝硬変・肝疾患で使われるお薬の飲み方」(薬剤部 野上 裕介)

ミニレクチャー2:「慢性肝炎(B型・C型肝炎や自己免疫性)の進行を抑え
るには?」 (消化器内科 湯橋 一仁)

ミニレクチャー3:「急性・慢性肝不全とは ~移植も含めて」(消化器内科 浅野 岳晴)

グループワーク(患者さんどうしでの小ミーティング)(自由参加)

20181006肝臓病教室案内

質問も受け付けます。

申込み、問い合わせは、メールか問い合わせフォームをご利用下さい。

FAXでもお申し込みいただけます。

メールアドレス:jmukanzo@gmail.com

申込みフォーム

肝臓病教室のご案内

肝臓病教室のご案内

自治医大附属さいたま医療センターで肝臓病教室を行います。今回の主なテーマは脂肪肝と肝硬変です。

日時:2018年6月16日 13:00〜  (土曜日)

場所:自治医大附属さいたま医療センター南館2階 会議室

参加料:無料 原則として予約制です。事前にお申し込み下さい。

自治医大さいたまに通院中の患者さん以外でも参加出来ます。ご家族の方もぜひ一緒に参加し病気への理解を深めましょう。

ミニレクチャー1:「肝臓病の検査ついて ~ データの見方を知ろう」(検査部 三ツ橋 美幸)

ミニレクチャー2:「あぶない脂肪肝とその対策」(消化器内科 浅野 岳晴)

ミニレクチャー3:「肝硬変と言われたら」(消化器内科 藤原 純一)

ミニレクチャー4:「脂肪肝を改善させる食事について」(栄養部 猪野瀬 渚)

グループワーク(患者さんどうしでの小ミーティング)(自由参加)

20180616肝臓病教室案内

質問も受け付けます。

申込み、問い合わせは、メールか問い合わせフォームをご利用下さい。

FAXでもお申し込みいただけます。

メールアドレス:jmukanzo@gmail.com

申込みフォーム

肝臓病教室のご案内

さいたま赤十字病院の会議室にて肝臓病教室を行います。

今回は、自治医大さいたま医療センターとさいたま赤十字病院との共同開催です。

場所は自治医大さいたま医療センターでは無く、さいたま赤十字病院ですのでご注意下さい。

日時:2018年3月24日 13:00〜  (土曜日)

場所:さいたま赤十字病院 7階 会議室3・4

参加料:無料 原則として予約制です。事前にお申し込み下さい。

自治医大さいたま、さいたま赤十字病院に通院中の患者さん以外でも参加出来ます。ご家族の参加は大歓迎です。

ミニレクチャー1:「肝がんの診断と治療」(自治医大さいたま 消化器内科 浅野 岳晴)

ミニレクチャー2:「筋肉を保つ食事について」(自治医大さいたま 栄養部 猪野瀬 渚)

ミニレクチャー3:「最新のC型肝炎治療」(さいたま日赤 肝・胆・膵内科 甲嶋 洋平)

グループワーク(患者さんどうしでの小ミーティング)(自由参加)

20180324肝臓病教室案内

質問も受け付けます。

申込み、問い合わせは、メールか問い合わせフォームをご利用下さい。

FAXでもお申し込みいただけます。

メールアドレス:jmukanzo@gmail.com

申込みフォーム

C型肝炎 すべての遺伝子型の新規治療薬

遺伝子型(genotype) 1型でも2型でも効果のある、最短8週間で治療するC型肝炎患者・代償期肝硬変患者の方の薬が新たに発売されました。

マヴィレット錠 (アッヴィ社) で、1日1回3錠内服します。 薬効としてはヴィキラックスやエレルサ+グラジナに似た薬で、ハーボーニー(ギリアド社)とはやや異なる作用機序を持つ薬です。

特徴としては、

・慢性肝炎の方では8週間での治療となります。肝硬変の方は12週間です。

・前回経口薬による治療不成功の方でも、高率に治療成功を達成可能です。

・以前は遺伝子型(genotype) 1型か2型かによって治療薬を変えていましたが、全ての遺伝子型(genotype 1~6型)に効果のある薬です。

・腎障害のある方でも使用できます。

・以前のヴィキラックス、ダクルインザ+スンベプラの際に問題となっていた、NS5A薬剤耐性変異の影響を受けにくい、とされています。